トップページ | 2006年2月 »

2006年1月26日 (木)

愛について語る2

dscn2451  わずかな読者のみなさん、こんにちは。今日は愛の第2話です。前回の「愛について語る1」で、私個人的にはかなり納得できるところまで追求できたかなと考えていたのですが、つい先日、飲食店勤務の女性に「愛」について意見を求めたところ、「優秀な遺伝子を持っている男の子供を産む事」という回答でした。私は愕然としました。彼女は20歳過ぎなのですが、これは世代の隔絶なのだろうか(最近の若者はこういう感じなのか)、それとも男と女の違いなのだろうか、私が20年間も悩んできたというのに、彼女はすでに答えを持っているとは....。だけども、自分の遺伝子を、最良のパートナーと交わらせることによって、さらに優れたものに発展させてゆく、これが「愛」だと感じるのだとすれば、私のような若輩者から見れば、彼女はすでに神の域に到達していると考えざるを得ない。それとも、やはり女性は男性よりも「神」に近い存在なのだろうか?

 「神」の愛というのは喩えて言えば「太陽」のようなもので、すべての生きとし生ける物に平等に、しかも一方的に与えられる、そして決して見返りを求めない、それが本当の「愛」であると伝道者に教えられたことがあります。ところが先に書いた私の考える生物の「愛」は、自分の遺伝子を残すこと、すなわち男性においては自分の遺伝子を女性に与えること、女性においては男性の遺伝子を受けることということになってしまいます。だけどここで考えてみましょう、人間を含むすべての生物が「神」によって与えられた生命だとすれば、我々生物の愛は、当然「神」の愛とは違って然るべきだし、すなわち、与えられた生命を正しい方向に発展させてゆくことが究極の目的であり、「愛」であっても矛盾はないのではないでしょうか? とすると、私達の生命に当初から目的を持たせているのだとすれば、今度は「神」という存在が非常にエゴイストな存在ということになりますね。

 このまま進んでも、堂々巡りになりそうなので、今日はここまでにしますが、この次は、自分の中にあるエゴイストでない感情「自己犠牲」について考えてみたいと思います。「愛」については現在のところ、「エゴイスト」なもののように位置づけられました。だけども私の中には、全くエゴイスチックでない感情である「自己犠牲」的な感情が存在します。そして、その感情を発揚することによって、心に感動を覚えます。自分の遺伝子を残すことを目的としながら、しかしその目的と反する自分を犠牲にして他者を助けたいと思う感情、そういう感情がなぜ存在するのか、考えてみたいと思います。

banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

人類の未来について1

scabiw2 今日の花はスカビオサのスノーメイデンホワイトという品種です。

 人類の未来に何を望むのか? 最近はそんなことを考えることが多い。世の中では理解に苦しむ殺人事件が多発しているし、また地球温暖化は着々と進んでいるのに、アメリカや中国は全く知らん振りでエネルギーを湯水のごとく使い続けているし、また自国が潤うことだけを目的に外国へ戦争を仕掛けているし、国内は国内で凄まじい債務超過に陥っているというのに、相変わらずの応急処置政治で現実には何の効果もない。少子高齢化はますますひどくなって、僕らの子供達は将来何のために働くのか、希望を持って生きることができるのだろうか? 世界のあらゆる部分が根本的に変わってゆかなければ、子供達の明るい未来はとても望めそうにない。だけども、ここでいつも僕はふと考える。人類がいよいよ現実を真剣に直視して、生きながらえる方策を発見したとして、それは地球にとって、地球上の他のすべての生命にとって、果たして良いことなのだろうか?

 人類って、今や地球にとっては、地球史上最悪のガン細胞になってしまったのではないだろうか? 考えられる処置は今やたくさん存在しているのに、それらを実施しようとはせずにさらにガン細胞は増殖し、地球を蝕み続けている。処置を実施しようとしないということ、それこそがガン細胞そのものの意思であるとすれば、もはや手遅れとしか言いようがない。下手に何か対策をうって人類が生き延びることは、地球にとっては人類死滅後の回復期間をさらに延長させてしまう、全く無意味なことではないだろうか?

 だけども私もそのガン細胞たる人類の端くれであるし、私の遺伝子のどこかで人類生存のためのプロセスを見つけようと懸命に捜しているのが感じられるから、だからこそこのまま何の貢献もしないままに、命を終えたくはないと思うのである。

 簡単に解決する方法はあるし、それは誰もが知っている。現在の高度に制度化された社会制度の中では実行できないだけ。だからそれ以外の方法を懸命に探して苦しんでいるのである。一言で言うと、人類が多すぎるということ。数を減らせばすぐに解決する。今の10分の1だろうか?、否、100分の1であろうか?  地球が養える規模まで縮小させればいいだけのこと。そして長寿命化に繋がる余計な医療の発展はもうストップさせよう。だけどそれができないとすれば、ガンダムのようにスペースコロニーを建設するか。いや、宇宙空間に太陽エネルギーの収集装置をいっぱい浮かべて、地球にエネルギーを送り込めばいい。エネルギー収支のバランスが取れればよいのだ。

 なかなか納得できる策が見つからないので、この話はまた続きを書くことにする。

banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

愛について語る1

SUZURAN2  今回の花はすずらん(ドイツすずらん)です。前回はクリスマスローズの八重の品種です。私のオリジナルですので、品種名はまだありません。ところで、今日は愛について。

 人を愛する気持ちっていうのは、いったい何なのだろうか。年を取ってみると、ますますわからなくなりました。若い頃は、自分自身の沸き上がる熱い思いを自分で制御することが全く不可能でした。一人の女の子を好きになると、そのことだけで頭の中は爆発しそうになりました。学校で顔を見ているだけで、家に帰っても、その子のことを考えているだけで幸せに満たされました。だからといって、その子をどうにかしたいとか決して考えませんでした。そうです、私は18歳頃までは完全なるプラトニックラブ主義者でした。だけど男ですから、性的な欲望はもちろん持っています、だけどその性的欲求と彼女への思いは全く別の物で、決して重なることはありませんでした。僕はそのことが大変誇らしいものと考えていました、つい最近までは。

 だけど、今は全くわからなくなりました。現在では、そういう一方的な深い思い込みのような感情はストーカー的なものだと忌み嫌われるようになりました。だけど僕がわからなくなった理由は、ストーカー的だからというわけではありません。それよりも、「人を愛する」ということはすごくきれいな印象を与える言葉ですが、それとは裏腹に最高に利己的な感情ではないかと思うようになったからです。利己的な感情が悪いというわけではありません。利己的な感情が存在しなければ生物は生存できません。人類が万物の頂点に立てたのは利己的な感情で長い歴史を勝ち抜き、最高級の遺伝子を勝ち取ってきたからです。とすると、僕の生物としての生きる目的は、利己的な感情にしたがい、だけども社会から反発されぬように自分の内性をひた隠ししながら、できるかぎり多くの遺伝子を残すことであるということになります。すなわち、それが「愛」という感情の正体であるとするなら、「愛」とは人間の複雑な感情などではなく、またプラトニックラブなどというのは幼稚な幻想で、実は遺伝子に刻み付けられた最も重要な命令で、最高機密であるがゆえに自分自身にもその目的は知らされていない、そして他の生物を見ればすべてが最大の命令として有していることが明らかなように、生命を与えられた瞬間からすでに存在していた、最も原始の、まさに神の第一の命令であったんだと思います。だから、いくら考えてもその感情の発露を見出すことができなかったし、その感情を制御することができなかった。しかし、制御できないほど強い感情を有しているということは、逆の見方をすれば、それだけ強い命令を与えられているということのようにも考えられます。

 なかなか難しい話の展開になってしまったので、続きは次回ということで....。

banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

人間の寿命について

crose6  日本人は、今や世界で一番の長寿国。そして出生率は最低に。これから先、どうなってしまうのだろうか? 生物的に見れば、寿命の長い生物ほど出生率は低くなっている。だけども、人間界以外の自然の動物には医学というものが存在しないから、環境に適合できた、強い遺伝子を有する固体だけが生存を許され、その結果、種としてはさらに強い遺伝子を有する形態へと進化してゆく。ところが人間界は(人間界と表現したのは、ペット、家畜および栽培植物などは品種改良や遺伝子操作などによって、人間に有益な形態、すなわち生物的に進化しているとは決して言えない形態に変えられているからである)、医学の発達によって、遺伝子の強弱に関わらず、長く生きることができるようになった。人間は知能を発達させた代償に、遺伝子を強くしてゆく能力を失ってしまった。その結果、昔の人は問題にしなかった花粉症にも悩まされる。また別の側面から考えれば、医学の発達や医薬品の発達と病原菌やウイルスの進化とのいたちごっこによって、病原菌やウイルスはますます強力に進化しており、抵抗力を薬にのみ頼る現代人には恐るべき怪物が現れようとしている。もはや後戻りはできないところまで来てしまっているのだろうとは思うが、だけども、今すぐには何の効果もなくても、将来に向けて何か始められることはないのだろうか?

 振り返れば私自身も、もし医学というものが存在しなかったならば、死んでいたかもしれない場面が過去に何度かあった。読者の皆さんは「そんな馬鹿な」と感じるかもしれないが、たとえばインフルエンザ、結核、日本脳炎とか、予防接種とかワクチンがなければ本当は簡単に死んでいたのかもしれない。そのように考えれば、医学無しでも生きてこれた人間は、日本にはいくらもいなかったのかもしれない。だけども、実はそのような一部の抵抗力を持った人間だけが遺伝子を強くして後世へと人間の世界を発展させることのできる人達だったのかもしれないが、現状では上記の理由で淘汰が全く進行していない。現代社会の矛盾はますます大きくなってゆく。子供達のために希望ある未来を作りたい、それだけが僕の願い。何か答えは見つからないかな?

banner_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

私の仕事ですが

bs3  北海道で切花を生産・販売して生計を立てています。必ず1枚ずつ写真を付けていこうと思ってますが、私が作った花です。今日のは「千鳥草のブルースプレー」といいます。ちなみに前回のは「スカビオサのライトピンク」。このスカビオサは私が選抜・育成・採種したオリジナル品種です。ということですが、実は私、北海道に来てまだ10年、出身は大阪で、前職はある大企業で化学の研究者をしておりました。いわゆる脱サラというやつです。何で脱サラしたかというと、誰でも自分の人生はすごくドラマチックなものだとストーリーぶりたがるもので、私ももちろんストーリーを持っていますし、自分的にはとても感動的と考えていますが、きっと他人さんから見れば大したことはないでしょう。だから今日は書きません。でも話題が浮かばなくなったら、そのうち書くかもしれません。もし興味がある人がいれば、私のホームページの方を見てください(http://homepage2.nifty.com/AoiKeSi/)。それで、今日の本題ですが、私が自己紹介をする時に、ある場合には「農家です。」という時もありますが、今回のように「農家」という言葉を全く出さないことが多いです。それはなぜかと答えを求めたところ、相手に何かよろしくない印象を与えてしまうのではないかと考えてしまうからです。現実にどうかと確かめたことはありません。ではなぜそのように考えるのかといえば、私自身の中に、そのような気持ちがあるのだと断定さぜるを得ません。自分で脱サラしてまで選択した職業なのになぜだろう? まず思い浮かぶ理由は、「農家」と聞いて「貧しい、苦しい」という先入観を私自身が抱いてしまっているからです。また、最近では、「自給自足」という言葉も出てきます。要するに、そのような印象を他人に与えたくないのです。優雅な農家でありたい、(都会のサラリーマンと比較して)優雅な暮らしをしていると思われたい、のです。それが農家をやっている理由ではない、だけど都会を離れて、サラリーマンを辞めて農家を始めた以上、世間から、いや知人から、世捨て人のように見られたくない。そのために人の何倍も働いているのかもしれない。それから、自分は才能に満ち溢れていると思っているし、今後も思い続けたい、だから立ち止まれないんですね。サラリーマンを辞めた当初は、競争社会が嫌になって辞めたという部分もあったかもしれませんが、だけどやはり競争の中に身を置かなければ生きてゆけない、そんなタイプの人間なのかもしれません。今日は眠いのでここまでにします。どうもありがとう。

banner_03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とりあえずスタート

scabilp  パソコンとともに生きてきた僕だから、ここで遅れるわけにはいかない。そんな理由でブログも始めることにした。だけど仕事の関係上、そんなに書けるわけでもない。だけど書かずにはいられない。僕がホームページを作っている理由、僕が生きている理由、人が生きている理由、そんなことをよく考える。もう半生が過ぎてしまって、僕は何が出来たのだろうか? 誰かに夢を与えることができただろうか? 誰かのために犠牲になれただろうか? ますます混沌を深めてゆく世界の中で何かをしなければならないと思いながらも何もできないと諦める自分がいつもそこに居た。だけど今、やっと世の中に貢献する機会を得ることができた。ブログって、僕がパソコンに求め続けていた、まさに答えなのかもしれない。これまで生かしてくれた世の中に感謝するために、僕は、世の中が少しでも良くなるように、子供たちの未来が希望に輝くものに変わるように、その一助となるように、今日をスタートにしたいと思う。

banner_03

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »