« スカビオサ | トップページ | 人の生きる意味2 »

2006年4月10日 (月)

幻の滝

Dscn0352  実は、私の土地には幻の滝があります。この滝は、雪解け頃の今この時しか見ることができません。春から秋にかけては、熊笹が鬱蒼と生い茂り、滝まで到達するのは困難であるし、また、水量が十分でないため、あまり観賞価値はありません。また、真冬の間は雪で完全に閉ざされるため、見ることはできません。この写真は4年前の4月9日のものです。実は今年は大雪のため、まだ雪で覆われています。また、3年前に、滝を年中観賞したいと思い、熊笹を刈って、滝まで道を付けたことがありました。ところが、おととしの台風で大きな樹木がなぎ倒されたため、滝まで到達するのはさらに困難となってしまいました。したがって現在では、早朝の雪が硬く凍りついた朝だけ、そしてほんの数週間しか見ることのできない幻の滝、この滝を私は「平尾の滝」と名づけています。

 世界中から森林が無くなり続けています。私の裏山など取るに足らないものですが、保護したいと考えています。したがって、もう道を付けることはありません。幻の「平尾の滝」は、永遠に幻になるかもしれません。今日はこんなところで....。

banner_03

|

« スカビオサ | トップページ | 人の生きる意味2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162477/9525033

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の滝:

« スカビオサ | トップページ | 人の生きる意味2 »