« ブルースプレー | トップページ | スカビオサ »

2006年4月 4日 (火)

RKBとメディア

 時事ネタはあまり好きではありませんが、RKB社員の犯した集団強姦事件について。メディアの方々は、だいだいにおいて、自分たちの関係者以外の方の犯罪行為や犯罪でないにしても非人道的な行為や非社会的な行為に対しては非常に厳しい論調で、時には国家にとってもっと重要な案件が山積しているというのに、徹底的に(ある場合には自殺に追い込むまで)、叩いて叩いて叩きまくるというのに、自分たちの問題に対しては、「ガキの使いじゃねえぞ!!」っていうくらいに甘すぎて話にならない、と思ってるのは僕だけでしょうか? たとえば何だ?って言われても、僕は評論家じゃないんで、すぐに例は出てきませんが、他の誰かが書いてくれているでしょう。

 僕のメディアに対する理想的な位置づけとしては、時には国家に楯突いて、命を落とすようなことがあっても正義を貫き通す、そんな最も善なる存在でなければならないし、そうであったと思っていました。NHKのプロデューサーによる着服、これはまだ個人のレベルの裁きで許してもよいかと思えた。たとえば昔テレビ朝日が焼却場近くの農産物のダイオキシン濃度を偽って報道したこともあった。だけどこれも、農家にとってはたまったもんじゃないが、日本の誤ったゴミ処理の問題にメスを入れたくて、敢えて偽造してでも国民の関心を集めたかったのだとすれば、そこには幾ばくかの正義が感じられる。だけども、今度のRKBの問題は、そんな余地の残される問題ではない。

 はっきり言って、個人の問題ではない。RKBはメディアを続ける資格はない。正義に悖ったメディアのモラルを失った会社だから、こんな社員が育ってしまう。役員総辞職だけでも済まされないと思う。RKBは解散すべきだろう。報道を続ける資格を完全に失ってしまったと思う。だけどもおそらく、自分らの教育が悪かったからとかはとりあえず言うだろうが、結局は個人の問題で済ますだろう。事の重大さが全く理解できないだろう。なぜなら、彼らにとっては、正義と真実よりも、金と名誉の方がずっとずっとはるかに大切だからである。

 以前から、日本の将来を考えた報道や番組を作らずに、視聴率を優先して馬鹿な番組ばかりを流してきた無能なメディアには頭に来ていたが、今回ばかりは本当に愛想が尽きた。みなさん、どう思いますか? 私たち国民が裁かなければ、メディアの馬鹿ぶりはこれからも何も変わりませんよ。はっきり言って、戦後以降、今日までの日本の道徳の崩壊、教育の崩壊、心の崩壊を招いた最大の責任はメディアにあると僕は思います。

banner_03

ブログランキングに参加してみました。気が向いたら、クリックしてやってください。

|

« ブルースプレー | トップページ | スカビオサ »

コメント

「メディアの公共性」
かのライブドアや楽天の件で耳にタコができるほど聞いた言葉です。
これを聞いて、「おいおい、あんた自分の局の番組見たことあんのか?」と思わずつっこんでしまいました。

公共性とは、国民の知る権利が最大限尊重されなければならないと思います。しかし、公共性があるからこそ、情報の発信には大きな責任がついて回るはずです。権力者を批判するために弱者を踏み台にするようでは、誰のためのメディアなんでしょうか。情報(世論)操作と誤りは別物です。

本物、正しいことを見抜く目を私たちが養っていかない限り、現状のメディアのあり方は変わらないような気がします。
結局は「この国民にしてこのメディア有り」といったところではないでしょうか。

投稿: 青い茄子 | 2006年4月 5日 (水) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162477/9431753

この記事へのトラックバック一覧です: RKBとメディア:

« ブルースプレー | トップページ | スカビオサ »