« 地球環境-ここまでのまとめ | トップページ | ただいま出荷中の花 »

2006年5月25日 (木)

私事です

 今日、僕はすごく大切な発見があったので、お話します。個人的なことを正面から語るのは初めてかもしれません。

 僕は子供の頃からずっと父親を恨んでいました。父親は、一言で言うと遊び人で、それなりに仕事はしましたが、その安月給にもかかわらず、自分自身の遊行費に物凄くお金をかけていました。そのため、兄弟は僕を含めて3人だったのですが、家計は決して裕福ではなく、学校などでもいろいろなことでいつも悔しい思いをしていました。詳しいエピソードなどはここでは書きませんが、「父親のような人間にだけは絶対になりたくない」というのが僕の人生の最大の教訓でした。

 僕は20歳で家を出て、紆余曲折の人生を送りましたが、アルバイトの稼ぎで大学院に進学、その後大企業に就職しましたが、5年で退社して、その後北海道に移住して、現在の職業に就いています。その辺のエピソードは僕のホームページ「オーナーの独り言」のコーナー等をご覧下さい。

 北海道で花作りを始めて9年目に家を建て(父は遊びにお金を使い果たしたため、一生長屋住まいでした)、ようやく自分の理想の家庭生活が始められると思った矢先、父親が転がり込んできました。認知症老人としてです。

 父親が来て以来、夫婦関係もぎくしゃくするようになり、夢に描いていた居心地良い家庭も遠いものとなりました。当然僕の頭には、父親に対する恨みが沸々と湧き上がってきました。

 そんな中、元来プラス思考主義の僕ですから、このことも僕にとっては乗り越えなければならない壁なのだと考え、どのように気持ちを整えるべきか整理するために、いろいろな本なりブログなりを読んでいる中で、ジェームズアレンの本を読んで、すごく簡単なことがわかりました。

 すなわち、僕は確かに父親を恨んでいたが、だけど考えてみれば、決して今の父親を恨んでいるわけでなく、昔の様々な出来事に対して、昔の父親を恨んでいたにすぎないんだと。そして、今の自分自身を考えてみれば、理想の職業に就き、理想の生き方をし、家まで新築して、まさに幸せの絶頂にあり、結果としての自分自身が完璧な状態で現在を迎えているというのに、その原因である過去になぜ恨みを抱く必要があるだろうかと。逆に父親が反面教師になってくれたことで、自分自身が成長してこれたことを考えれば、父親に感謝すべきではないかということに気づいたのです。

そう、父親を恨む必要など全くなかったし、さらに、すべての物事をプラス思考に捉えることで、この世の中には悪いことなど何もなくなるんです。父親が来た理由がやっとわかりました。僕の心の一番深い部分の怨恨の種を、取り去ってくれたんです。そのことがわかった時、このことをみんなに伝えなければと思い、私事ながらブログに書こうと考えたのです。

あまりに省略しすぎていて分かりづらいかもしれませんが、冬になって時間に余裕が出来たら、もっとわかりやすく書き直したいと思います。以上です。

banner_03 クリックお願いします!!

|

« 地球環境-ここまでのまとめ | トップページ | ただいま出荷中の花 »

コメント

私事です。本日は田植えでした。午前中仕事を休みました。
親父とお袋と3人で6時間休みなくぶっとうしです。終わった後親父とお袋のありがとうの言葉で疲れがぶっとびました。親子はこんなんでしょうね。ちなみにあと取り兄貴は仕事があるといって手伝いませんでした。長男はこんなんでしょうかね。

投稿: 船越 | 2006年5月30日 (火) 18時42分

 船越さん、ご無沙汰してます。コメントありがとうございました。
 今シーズンは長い冬と大雪とハウスが壊れた影響で、今までで最も大変な出だしとなっています。すずらんは例年よりもさらに遅れて、そろそろ出荷が始まりそうです。

投稿: 青い芥子 | 2006年5月30日 (火) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162477/10238689

この記事へのトラックバック一覧です: 私事です:

« 地球環境-ここまでのまとめ | トップページ | ただいま出荷中の花 »