« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

「生産者のコスト増を代弁する」を読んで

 花の卸売り市場の最大手で大田花きというという会社がある。私の最大の取引先市場である。その会社の社長が、同社のホームページの中でコラムを書いているのだが、今週のコラムがすごくうれしい内容だった(http://www.otakaki.co.jp/blog/ceo/archives/2006/08/post_72.html)。

 実は、ずっと以前から、私もこのことを話題にブログを書きたいと思っていたのだが、生産者がそういうことを書くと花屋さんの反感を買いそうなので、書くのを控えていたのだ。簡単に言うと、生産者はここ数年ずっと、コスト増と単価低迷のダブルパンチの中で、非常に苦しんでいる。さらには、近年の台風や大雪等の自然災害、また今年の石油高騰などには大きなダメージを受けた。生産を諦める生産者が後を絶たない。加えて、海外からの輸入花の増加。

 これらをすべて、競争原理の中のことと言ってしまえば、確かにその通り。市場流通を需要と供給のバランスと言ってしまえば、確かにその通り。だけど、本当にそれでいいのだろうか?

 私が大田花きを最大の取引先に選んでいる理由。それには、私が生産している花が流通量の少ない草花で、東京の最大手である大田花きでなければ扱いきれない、という本質的な理由はもちろんある。だけど、心情的な部分を言えば、大田花きという会社が、生産者と買参人の間で非常に中立的な立場を保ってくれている会社であると感じているからだ。もっと言えば、生産者サイドに立って販売を行ってくれていると私は思っている。その証明が、今回の大田花きの社長のコラムであると思う。

 工業製品やサービス業などは、原油高を容易に価格に転嫁してしまう。だけど、第一次産業はそれが全くと言っていいほど許されない。結局第一次産業だけが利益を上げることができない。それは農耕が始まって以来、変わることのない産業の構造であるとも言える。

 この競争を勝ち抜こうと思えば、他の人よりも低コストで生産し、かつ品質の高い切花を生産し、さらに流通にうまく乗せることができるように、上手な販売戦略を考えなければならない。私は、農業を始めてからずっとそれらを追求し、実際にかなりの部分で達成してきた。そして、かなりの利益を上げられるようにはなった。だけど、振り返って考えてみると、本当にそれでいいのだろうか、と思う。私が低コストで生産し、安値で販売して利益を上げているその向こう側には、販売競争に敗れて生産を諦める生産者が日本のどこかに必ず存在する。それは個々の努力の差だと思ってきたのだが、だけどその前に、夜も眠れないほどに一生懸命に働いて、それでも買い叩かれて涙を流している、産業構造の異常さを是正しなければならないのではないだろうか?

 産業構造の是正が不可能なのであるならば、できる方法は? それが、流通に関わる方々に、ただ需要と供給のバランスだけで農産物を裁くのではなく、生産者サイドの事情を考慮していただけること、また、流通および販売に関わる方々に、日本の農業を守ることは日本の国土を守ることである、という本質的な認識を持っていただけることであると思う。

 食糧自給率も先進国で最低の日本。お金よりも大切なものは何か?、一次産品を扱っている方々には、今一度冷静に考えてみてほしい。

 いよいよ話の本質に入るところなのだが、実はもう眠いので、続きは後日、できれば明日書きたいのだが、仕事が立て込んでいるので、できるだけ近いうちに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

「八月の虹」

 僕がブログを始めたのも、僕がミクシィを始めたのも、すべては「八月の虹」と同じ理由でした。最近は農業が忙しすぎて全く書けてないです。すいません。「地球村」で紹介されてました。みなさんも見てみてくださいね。

http://www.greenfilm.jp/movie.html(全10話)
http://www.greenfilm.jp/movie_11l.html(ロングバージョン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

スカビ・????

Dscn3059  こんにちは!! 

 今度はグリーンのスカビ見つけました。見たのは初めてではないのですが、世の中にはあるのかなあ、と思って写真載せてみました。こういうのはどうですか? 使えますか? または、すでに出回ってますか?
 
 もちろん名前も考えてません。なかなかいい名前が思い浮かびません。「まりも」じゃあ二番煎じだし、なんかぴったりのかわいい名前がないかなあと。花の大きさとしては、オクロレウカよりも少し大きいくらいで、通常の八重系スカビよりも小さめです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

やっとお盆が終わるよ!!

 お盆といえば、花業界にとっては非常に大きなイベントであるわけで、月形はもちろんのこと、日本中の数多くの切花生産者は、今こそが稼ぎ時と頑張っています。が、平尾花きにとっては、とても辛く苦しい期間なんです。

 盆花を作っている生産者仲間には、お盆はすべての花が高く売れているものと思っている方も多いのですが、全然そんなことはありません。私が作っているスカビオサやホワイトレースは、主にブライダルやアレンジなどで使われるので、お盆には全く売れないのです。

 売れない理由を市場関係者に訊いてみると、花屋さんは盆花を安定的に仕入れるために、8月の初めから買い始め、お盆の頃まで買い続けるために、ストッカーの中は盆花でいっぱいになり、草花を入れる場所はないとのこと。そのために、「ただでもいいから持ってけ!」と言われても、持ってってくれないこともあるそうです。

 それに加えて、盆前は市場も盆花で溢れるために、需要の小さい草花は隅に追いやられ、時には市場の中にも入れてもらえず、炎天下の下にほっとかれたこともあったそうです。そして、「花が痛んでいる」とクレームが入り、それでなくても花が安くて困っているというのに、マイナス伝票が入るというわけです。

 今年もやはり売れ行きは悪かったです。それだったら、出荷しなきゃいいのに....と言われそうですが、夏は暑い、暑いと花は咲く、咲いた花は切らなければならない、人件費をかけて切ったんだから、やっぱり出荷して少しでもお金に換えなければならない、というわけで、今年も悲しみに暮れながら、ようやくお盆も終盤に差し掛かりました。

 来週からは、いよいよ秋のブライダルシーズンに向けて走り始めます。これからがスカビとホワイトレースの季節です。今年は、昨年からの異常気象で未だに厳しい状況が続いておりますが、何とか秋に盛り返したいです。頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

スカビ・マリーベル

Dscn3004  続いてスカビの新品種候補の第3弾、彼女の名前は「スカビ・マリーベル」にしようかと考えています。マリーベルとは、上原きみこさんのマンガ「マリーベル」の主人公の女性の名前です。清純で可憐で素直で、それでいて力強く生きる、そんな女性のイメージです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカビ・アンダルシア

Dscn2997  スカビの新品種候補の第2弾、名前は「スカビ・アンダルシア」なんてどうかなと思っています。僕のイメージとしては、夜の女のイブニングドレスという感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

スカビ・いちごみるく

Dscn3014  スカビの新品種の発表でーす。もちろん私のオリジナルです。第一弾は、名づけて「スカビ・いちごみるく」です。今年は株を増やして、来年には全国の市場に出荷する予定です。
 よろしく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

50年も生きれれば幸せです

 2週間のご無沙汰でしたあ!! 前回書いた大問題については、まだ先方からの回答がないので、ストップしてます。この話題についてはまた後日ということで。

 今日は、最近思うことについて。僕は今42歳。あと8年で50歳。50歳まで生きれればもう十分だろうなあ、と思ってずっと生きてきた。その50歳が近くなって、50歳以降、まだなお生きていたら、何をすべきか考えていた。そこで得た一つの結論。

 何よりもまず、50年もの長い年月、生きてこられたことに感謝すべきだろうなあ。そして、その後さらに生きているならば、その後の人生は、若い人たちのために費やすべきだろうなあと。

 そういう気持ちに、世の中の人、特に政治家の爺さん方がなれたなら、もう少し良い国になるんじゃないかと思いながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »