« 「ライフスタイルに社会的責任を持とう」という記事の紹介 | トップページ | 日本の人口と世界の人口 »

2006年11月18日 (土)

生命の目的

 生命は、人類であれ、動物であれ、微生物であれ、同じ一つの目的を持っていると思っています。同じ一つの生命から始まったからです。「生命の目的」を問うと、「自己の存続」、あるいは「自己の複製の増殖」という答えが返ってきますが、それは目的ではなく、結果ではないでしょうか?

 「自己の存続」と「自己の複製の増殖」の中で、「自己の存続」は後から生じたものであり、「自己の複製の増殖」の方が最初からあったと思います。なぜなら、進化した生物体ほど寿命が長いからです。また、単純な生命は遺伝子の交流は行わず、自己の完全なる複製だけを行っています。単純な生命ほど、本来の「生命の目的」通りに生きていると思います。

 「自己の複製」のためには、太陽と地球から得たエネルギーを費やして、新しい生命のために自身を犠牲にしなければならない。そう、自身を与えることこそが、生命の目的ではないかと思うのです。それが、私達の最も深いところにある、潜在意識の中にきちんと存在すると思うのです。だけど、人間は進化しすぎたために、文明が発達しすぎたために、潜在意識に触れることがほとんどできなくなってしまった。だけど、ごくわずかな人だけが、潜在意識にまで到達することができた。それがイエスキリストや釈迦であったと思います。

 「性善説」、「性悪説」という言葉がありますが、潜在意識の中では、すべての人間は善であるのに、その自分の中の善に気づかずに生まれ、気づかずに育ち、気づかずに死んでゆく。すなわち、本当は「性善説」が正しいのに、「性悪説」のような世の中になってしまい、だから、家庭教育や学校教育、社会教育がしっかりしなければならない、と必死になっていますが、発展途上国の、特に原始生活に近い生活をしているような民族には、難しい社会教育も学校教育もないけど、「ストレス」も「肩こり」もないし、ましてや「自殺」など、全く理解不能なことだそうです。

 自殺の問題にしても、地球環境の問題にしても、人々の意識の転換、新しい価値観の樹立こそが根本的解決の唯一の方法であると思いますが、それは無理矢理に都合のいい新しい価値観を作り出して、押し付け教育をしようという話ではなく、私達自身の心の中にある、本来それこそが私達の本質であるところの「生命の目的」に還れば、辿り着けると思います。迷子の子供が自分の家に帰るように、新しい価値観に還り着くことができると思います。

|

« 「ライフスタイルに社会的責任を持とう」という記事の紹介 | トップページ | 日本の人口と世界の人口 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162477/12735192

この記事へのトラックバック一覧です: 生命の目的:

« 「ライフスタイルに社会的責任を持とう」という記事の紹介 | トップページ | 日本の人口と世界の人口 »