« 生命の目的 | トップページ | 月形の雪-1 »

2006年11月27日 (月)

日本の人口と世界の人口

 最近は少子化というのが大きな社会問題になっています。僕ら花の業界でも同じで、ブライダル需要は縮小し、葬式需要が伸びることが予想されています。僕も気になって、いろいろと調べています。将来推計人口データベース(http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Mainmenu.asp)というHPを見つけました。

 日本と世界の推計人口は次の通りでした。推計には、高位推計と中位推計と低位推計の3つがありました。要するに、最も多い予測、中間的な予測、最も少ない予測ってことです。

 日本の人口は、現在1億2700万人が、中位推計では、2050年には1億2100万人、2100年には6414万人になるとのことでした。低位推計では、2100年には4645万人になっていました。

 世界の人口は、現在64億6500万人が、中位推計では、2050年には90億7590万人、低位推計では、2050年には76億7970万人、高位推計では2050年には106億4630万人になっていました。

 現在の日本の政治および世論の考え方では、日本の人口が減少していくのを食い止めようと、少子化対策というのが政治的課題にまでなっています。でも、地球環境のことを考えますと、日本は非常に理想的な形で人口が減少してくように見えます。

 世界の人口は増加の一途を辿るようですが、現在の64億人でも地球が養いきれる人口をはるかにオーバーしているというのに、100億人を超えるというのは地球にとっては大変な負担です。ただ、僕の予測では、100億人に達する前に、急激な変化があって(人為的な変化か自然の変化かどちらとも言い切れませんが)、世界の人口は減少に向かうと思います。そうでなければ、地球が滅ぶからですが。

 では、なぜ日本人の出生率はこんなに下がってしまったのでしょうか? 女性の社会進出とか、いろいろな要因が考えられますが、僕の周りには、子供が欲しくてもできない夫婦がたくさんいるし、僕自身も、たった一人の子供をもうけるまでに12年もかかりました。決して家族計画していたわけではありません。

 以降は僕の勝手な考えです。
 
 出生率の低下と平均寿命の伸長は明らかにリンクしていると思いませんか? そう、他の動植物も同じですが、個体の寿命が長くなるにしたがって、増殖能力は衰え、といいますか、増殖する必要性が減少しているのを個体の遺伝子が察知して、自然に出生率は低下していくのだと思います。

 世界の人口についても同様に考えられ、社会が発展し、平均寿命が長くなるにしたがって、出生率が下がっていくと考えています。だけど、それまで地球は無事でいられるだろうか?

 そこが一番重要なポイントで、だから僕ら環境活動家は必死に訴えているわけですが、今後数十年の間に必ず全世界レベルでの急激な(何億人もしくは何十億人もの人が死に直面するような)社会変化もしくは気象変動に直面すると思います。その際、世界は今のような経済発展が最大目的の資本主義を捨て、地球共存主義というような新しい価値観を受け入れなければならなくなると思います。そしてその時に、地球が少しでも生物にとって住みよい状態で残っているように、また、人類にとって少しでもソフトな形で新しい世界を受け入れることができるようにと、僕も願っているし、多くの環境活動家も活動しているものと思います。
 
 地球環境の話ばかりですいません。最後まで読んでくれてありがとう!!

|

« 生命の目的 | トップページ | 月形の雪-1 »

コメント

出生率低下と平均寿命伸長の考察に同感です。
一生物として本能的に自己調整を図っていると考えると、非常に納得いきます。
ガイア理論で考えると、環境ホルモンも出るべくして出てきたものかもしれませんね。
地球の一部である人間の増加に歯止めをかけるために、これまた地球の一部である各種環境ホルモンが出現したという論理で。

投稿: Q太朗 | 2006年11月27日 (月) 12時24分

 Q太朗さん、コメントありがとうございます!

>出生率低下と平均寿命伸長の考察に同感です。

 ただそのことを突き詰めて考えると、環境運動しようが、すまいが、結果は大して変わらないように思えるのです。人間が残れるかどうかは、人間の意志ではなく、ガイア全体の新しい秩序に人間が適合できるかどうか、すなわちガイアが再度人間を選択してくれるかどうか、ではないかと。

 かといって、ほったらかしにできない情動にかられるのは、ガイアの一部である個々の人間の中にも、ガイアの意思が働いているのではないかと感じるのです。

投稿: 青い芥子 | 2006年11月27日 (月) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162477/12841419

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の人口と世界の人口:

« 生命の目的 | トップページ | 月形の雪-1 »