« 日本の人口と世界の人口 | トップページ | 地球環境の講演会に行ってきました »

2006年12月 3日 (日)

月形の雪-1

Dscn3366 ネタがない時は、月形の積雪情報をお届けしようと思って、畑に積雪計を設置したんですが、残念ながら積雪計まで辿り着けませんでした!!

 11/29から本格的に降り出した雪は、たまに晴れ間を見せながらも、断続的に降り続いています。昨日、今日の降雪量は特に多く、あっという間に30~40cmは積もってしまったようです。一日中除雪しっぱなしで、もう疲れました。

 大地が雪で覆われると、太陽光線の反射率は非常に高くなり、また、冬は気温が低いことで空気が乾燥しているため、太陽からの熱は、かなりの量が宇宙に放出されるそうです。このように、雪は地球温暖化を和らげる働きがあるわけですが、だからといって、人間が人為的に降雪をコントロールできるわけではないし、また、人口降雪機を使って雪を降らせるなどは本末転倒、さらには、スキー場を早くオープンさせたいがために、燃料を消費して人口降雪機などを使うのは、そろそろやめてほしいものです。

 地球温暖化は進んでいるけど、同時に地球環境は緩衝能力を失って異常気象が著しくなっているため、月形を含む日本海側の雪は年々多くなっているように感じます。夏はますます暑く、冬はますます寒く、です。この異常な状況が、地球温暖化の先にある、単に気温が高くなるだけではない、非常に厳しい地球環境を予感させているような気がしてなりません。

|

« 日本の人口と世界の人口 | トップページ | 地球環境の講演会に行ってきました »

コメント

先日はお疲れ様でした。こちらもようやく寒くなりましたよ。2月にはまたそちらへ寄ります。

投稿: funakoshi | 2006年12月 3日 (日) 19時04分

 こちらこそ、お世話になりました!!!

 僕が行った時、そちらは真夏のようでしたね。

 次は2月ですね。楽しみにしております。

投稿: 青い芥子 | 2006年12月 3日 (日) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162477/12916294

この記事へのトラックバック一覧です: 月形の雪-1:

« 日本の人口と世界の人口 | トップページ | 地球環境の講演会に行ってきました »