« 食糧事情その3 | トップページ | 初出荷-クリスマスローズ »

2007年5月15日 (火)

祈りの力

 みなさん、こんにちは!!

 みなさんは、「祈り」の力について、どのようにお考えでしょうか? 僕は、宗教的行事としての「祈り」というものが、特別な力をもつとは思いませんし、また、「祈り」というものだけに特別な力があるとも思いませんが、「祈り」だけでなく、もちろん「祈り」というものも含めて、人間の精神的なエネルギーの発揚が、何らかの現実的効果を発揮するのではないかとは思います。

 今日は、複数の友人から、「祈り」に関するイベントの紹介を受けましたので、どのように書こうか迷ったのですが(実は迷った末に1時間以上かかってやっと書き上げたのですが、例によってまた「有効期限切れ」とかで水泡に帰し、これは僕にとっては二度目の記載です)、僕なりに書いてみようと思います。

 「祈る心は治る力(ラリー・ドッシー)」という本の中に次のような研究が紹介されています。

 例えばサンフランシスコのある病院では、心臓病集中病棟の三九三名の患者を米国内の様々な場所にいるキリスト教信者によって祈られる人のグループと祈られない人のグループに分け、両グループの患者は同じハイテク治療を受けたところ、祈られた患者の方が、いくつかの測定の結果、統計学的に見て、明らかに有意に良くなっていることが分かったという。

 祈る人は、キリスト教信者でなく、別の宗教の信者でもいいし、宗教を信じていない人でも効果に変わりはないという。また、「祈りそのものには力はない。祈りを行うと効果があるのは、祈りが効くだろうという期待感を人が持つためだ」と、プラシーボ(偽薬)効果を主張する人がいる。しかし、患者や患者に接する人に、誰が祈られ、誰が祈られていないか分からないように配慮された実験でも同じような効果があらわれているので、プラシーボ効果ではないことになる。さらに祈りの効果は、地球規模での遠距離同士で行おうと近くのベッドサイドで行おうと同じだという。

 この手の本は、その信憑性を証明できるわけではありませんので、信じるか信じないかの世界になってしまいますね。宗教的な人は、人間の祈りを神が聞き入れ、それを叶えてくれるという構図を想像するでしょうが、僕はそうは思いません。最初に書きましたが、「祈り」だけが特別な力を持つのではなく、人間の精神的なエネルギーが現実世界にも何らかの作用を及ぼすのではないかと思います。したがって、「祈り」という形を取らずとも、愛や慈悲や思いやりや平和を願う心を持ち、それを実践し、人に伝え、繋がってゆけば、それは「祈り」と同じものだと思います。

 ではそれをまずは肯定するとして、その理論的根拠をどこに求めるかというと、ユングが最初に表現した「集合的無意識」だと思うのです。「集合的無意識」の世界では、すべての人間が繋がっている。そして、人間が神と感じるのが「集合的無意識」だそうです。

 それを近年、より科学的な表現に近づけたのが、アーヴィン・ラズロ氏で、彼は、「集合的無意識」のことを「量子真空エネルギー場」と表現しました。他に、「アカシックフィールド」とか「ゼロポイントフィールド」という表現もありましたが、科学的探求の末に、「量子真空エネルギー場」と呼ぶのがふさわしいと考えたのでしょう。

 で、ここからが本題で、ついてきてくれている人がいるか心配ですが、そのアーヴィンラズロ氏が呼びかけている、壮大な「祈り」の実験についての紹介を受けました。「実験」と表現したのは、この行事はある意味では宗教的行事であり、ある意味では平和的な行事でもありますが、彼は、何十万人の人間が同時に祈ることで生み出された精神的なエネルギーを観測することで、その力を証明できるのではないかと考えているようです。

 このような行事の噂は、最近「地球温暖化」等の影響なのか、終末思想的な団体が増えており、頻繁に耳にするようになりました。それぞれの行事を否定するわけではありませんが、僕は、現代の科学と照らし合わせた時に、どう考えても合致しない宗教については、ちょっとどうかと思います。

 そんな中で、ではこの行事はどうなのか?、ということですが、本当にそんな観測が可能なのか、用意した機器で本当に観測できるのか、詳細はわかりませんので、紹介されたページを掲載いたします。

原文(英文)のページ
http://www.commonpassion.org/partners/cob.html

日本語訳のページ(公式ページではないと思います)
http://blog.goo.ne.jp/heywa

紹介してくれた友人のページ
http://akikosinjin.blog85.fc2.com/

 参加するかどうかは、みなさん次第ということで!! ちなみに僕ですが、多忙の折り、イベント参加はもちろんできませんが、騙されたと思って、ビニールハウスの片隅で参加してみてもいいかなと思っています。

 あー、2時間もかかった...。最初に書いたのとは、ずいぶん違っちゃったし...。

 こういう時って、「この日記は書かない方がいいよ」っていう警告とか、逆に、「この日記はそれほどの意味があるんだから、邪魔されるんだ。何としても仕上げろ」とか、特に夜遅くなって朦朧としてくると、自分の中の不思議な世界が開けてくるんですよね。そういうのって、みんなもあります?

|

« 食糧事情その3 | トップページ | 初出荷-クリスマスローズ »

コメント

す、すみません(--;。こんなにお手間とらせることになってしまって。でもめちゃめちゃありがとうございます!!
「騙されたと思って、ビニールハウスの片隅で参加してみてもいいかな」これが一番ありがたいです(笑)。

真夜中の不思議な世界、わかる気がします。
全く関係ないかもですが、私、車運転していて、同乗者が眠いのを我慢していると、私も眠くなってしまうんです。眠ってもらうと、パチっと目が開くんです。
人が寝静まると、いくらか見ないもの?エネルギー?とかが正常に働くんですかね??

これからも、面白いこと、楽しいことを共有させていただけたら幸いです。ありがとうございます。

投稿: AKIKO | 2007年5月15日 (火) 08時49分

 AKIKOさん、こんにちは!!

 中途半端な内容ですいません。自分の感じるままに書いてみました。準備等大変でしょうが、頑張ってくださいね!!

投稿: 青い芥子 | 2007年5月16日 (水) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162477/15076203

この記事へのトラックバック一覧です: 祈りの力:

» 榮倉奈々 お宝ポロリ画像・ハプニング動画集 [榮倉奈々 お宝ポロリ画像・ハプニング動画集]
流出!榮倉奈々のおっぱいポロリ!画像!動画であんなハプニングも!! [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 06時52分

« 食糧事情その3 | トップページ | 初出荷-クリスマスローズ »