« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月24日 (月)

父 ---Father---

 僕の住む町月形町から車で1時間半ほど走った。そこには新築の建物、有料老人ホーム。僕の父の最期の引越し先になるところ。何も知らない父は、立派な施設に喜び、「こんなところに住めたらよろしいですね」と職員の人に笑顔で振舞う。その日は施設の見学だけ。家に戻ってきたが、父は家には入らず、そのまま月形町内の特別養護老人ホームへ。出発の時、父は笑顔で僕に手を振る。いつものデイサービスに行くと思っているのだろう。もう二度と家に帰ることはないのに…。

 僕は子供の頃のいろんな体験から、父を憎んで育った。父のような人間にだけはなりたくないと思った。そのことについて、僕のブログの以下のページに詳しく書いている。

http://moonflorist.way-nifty.com/moonflorist/2006/05/post_4ddf.html

 父が来て以来、夫婦関係がうまくいかなくなった。妻がいらいらすることが多くなり、父に攻撃的になる。父は痴呆症で、言ってもわからないのに、と思いながら、これ以上夫婦関係が悪化するのを恐れ、何も口出しできない。それに、僕は父を憎んでいるはずで、それよりも僕の家庭を大切にしたいはずだ。でも、心にはもどかしい気持ちが溜まっていく。また、妻への愛情が薄れていく。どうして僕の父をもっと人間らしく扱ってくれないのか?

 夫婦の会話もますます少なくなり、父への攻撃もさらに激しくなる。そんな時、4歳になる息子が妻の母親に、「じいちゃん、どうして怒られてるの?」と聞いた。ばあちゃんは答えた。「怒られてるんじゃなくて、できないから教えてもらってるのよ。」

 痴呆症の老人に、何度言っても毎日できないことを、毎日のように怒鳴りつけ、そんなの誰が見ても怒られてるに決まってる。思わず僕は腹が立って「子供に嘘をつくな。子供が一番正直なんだ。」とばあちゃんに言ったが、内心では、「じいちゃん、どうして怒られてるの?」の一言は僕が一番言いたい台詞なんだと叫んでいた。

 その数日後、大きな問題が発生して、どうしても父を老人ホームに預けなければならなくなった。

 父が僕に最後に手を振った時、ようやく気がついた。大嫌いだった、憎んでいた父であったはずなのに、どうして父が攻撃されてこんなに腹が立っていたのか? 家庭が崩壊するかもしれない状況に追い込まれているというのに、そのことに対してどうしてこんなにも冷静でいられるのか?

 そう、憎しみは愛情の裏返しだったんだ。僕は父が大好きだったんだ。父に愛されたい、父と遊びたい、父と手を繋いで歩きたい、父にだっこされたい、そんな何ひとつとして叶わなかった思いが、愛情が憎しみになって、父を憎んでいると思っていたが、本当に父親を嫌う子供なんているはずがない。それは、今の自分の息子を見れば本当によくわかる。

 子供はお父さんが大好きなんだよ。

 父を老人ホームに預ける、その瞬間に、ようやく自分の気持ちがわかった。そして、こんなことになってしまった情けなさ、自分自身の不甲斐なさ、そして取り返しのつかないところまで来てしまったことを悟る。

 何もかも終わりにしたい。時間を戻したい。一からやり直したい。何も考えず、父親の後を追いかけていたあの頃へ。

 だけど、何一つとして叶わない。できることは、現実をしっかりと見据え、新しい毎日を作ってゆくこと。厳しい現実であろうとも、自分の気持ちに正直に生きたい。嵐を恐れていては、本当の幸せには辿り着けない。

 今までだって、バカなことをたくさんして、それでも今、元気に生きていて、もう何も思い残すことは無い。精一杯、もっともっとバカになってやる。

 子供はお父さんが大好きなんだよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

地球を愛する会広報誌第9号

3__1   みなさん、こんにちは!!

 日々の忙しさと、私生活のハプニングなどで、またまた超スランプに陥っている私ですが、ようやく脱出できそうな兆しが見えてきました。

 そんな中、地球を愛する会@月形の広報誌が発行されていたのですが、アップするのを忘れておりました。ネット会員のみなさん、申し訳ありませんでした。3__2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

テレーゼ、名も無きスカビ

Dscn3616 Dscn3632  前回、みなさんにご紹介した「ミカエル」ですが、いきなり「テレーゼ」に変更することにしました。ご理解願います。

 「テレーゼ」は私のミクシィでの友人テレーゼさんからのいただきものです。ベートーベンの恋人ということですよね? それと、ベートーベン作曲のピアノ曲「エリーゼのために」のモデルの女性がテレーゼと聞いておりますが、間違っていましたら、正しい解説をお願いいたします。

 それと、2枚目の写真のスカビですが、まだ名前は決まっておりません。ほぼ白に近い薄いピンクの花びらで、おしべは青もしくは紫という不思議な色合いです。どなたか名前をつけていただけませんでしょうか?

 来年の新品種は、次がラスト、、かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

台風、ミカエル

 ここまで、自然現象と新品種というパターンのタイトルが続いたので、今日もそれに倣ってみました。でも、台風の写真はありません。あ、一応コース的には、月形を通過したようです。

 新品種第3弾、名づけて「ミカエル」です。前々回のブログで「ガブリエル」がきたから、「ミカエル」を期待していた人は多かったのではないでしょうか? 「ガブリエル」は純白のイメージ、それに対し、「ミカエル」は燃える炎と熱い血のイメージを持っているのは私だけでしょうか?

Dscn3630  一番最初の写真は、今年の新品種だった「アンダルシア」と「ミカエル」を並べて、色合いを比較したものです。。左の紫の濃い方がアンダルシアです。ミカエルは赤に近いです。

 だけど、「ミカエル」の特長は色目だけではありません。その質感の違いでDscn3616 す。アンダルシアも含めて、既存のスカビはみな、ベタッと絵の具で塗ったような色なのに対して、「ミカエル」は、和紙に染料でも染み込ませたような、何ともいえない風合いがあります。こちらも本当は女性の名前をつけたかったのですが、そのような雰囲気の女性が思い浮かばなかったので、とりあえず「ミカエル」ということにしてみました。

 「私のイメージにピッタリだから、私の名前をつけて!!」と思われる方がおられましたら、写真添付の上でお申し込みください。

 新品種シリーズは、まだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

夕焼け、園子

 おとといの夕焼けです。すっごいきれいでした。後ろの家は、私の家です。夕焼けに映えて、ステキでしょ??

 それから、またまた新品種の紹介!! 今回の新品種の名前は「園子」に決定しております。

 「園子」のネーミングの理由ですか? 今年、うちの農園にアルバイトに来てくれた女性のイメージにピッタリだったので、彼女の名前をいただきました! あ、みなさん、妬かないでね! 070904_18130002 Dscn3620 Dscn3623

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

虹、ガブリエル

    今シーズンはうまくゆかないことが多すぎて、大変苦しい日々が続いています。何とか頑張ってたまにブログを書いていますが、本当に申し訳ない限りです。今回、何とか近況報告だけでもさせていただきます。

 まず、今年ほどパートさんの確保に苦労している年はありません。今はなんとか短期のアルバイトで凌いでいますが、9月後半にはまた人がいなくなってしまいます。

 猛暑は年々ひどくなる一方で、それに合わせて、自慢のスカビの出来も悪くなる一方です。

 地球温暖化は刻々と進行しています。タイムリミットはもう過ぎた、と言っている学者もいます。そして、そちらの活動に力を入れる時間の取れない自分自身が歯がゆいです。

Photo そんな中、今朝、花を出荷した帰り、虹を見ました。その上、ベストビューポイントで信号待ちという奇跡。窓を開けて、携帯のシャッターを切りました。

 それと、来年に向けての新品種が出揃ってきました。今日は、白の大輪Dscn3610種の紹介です。既存のスノーメーデンと比べて、花の形状、大きさは桁違いです。

 名前は「ガブリエル」にしようかな!!、って考えています。どうでしょう?? 

Dscn3611 あ、大田のNさん、コメントお願いしますよ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »