« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月30日 (日)

薪ストーブ

Dsc_0014 Dsc_0002 Dsc_0007  昨日の日記で、大きな買い物を二つしたと書きましたが、二つ目がこれです!! 薪ストーブ!!

 もちろん、地球温暖化防止が第一の目的です。薪を燃やしてもCO2は発生しますが、ささやかながら原野を所有していますので、自分の山を管理しながら薪を取り続けることができれば、と考えています。

 私の住む北海道の農村地域では、今でも多くの方が薪ストーブを使っておられるのですが、10年前に入植した私は、灯油ストーブを使っていました。

 しかし昨今、ピークオイル問題が間近に迫り、石油の価格は上昇する一方。そんな中、自然エネルギーの有効利用を考えた結果、我が家に最もふさわしいのは薪ストーブであるとの結論に至りました。

 また薪ストーブを導入するにあたって、エネルギーをほんの少しもムダにしたくなかったので、現状で最高のパフォーマンスを発揮すると思われる、バーモントキャスティング社のアンコールエヴァーバーンという機種にいたしました。

 初期投資は予想以上にかかってしまいましたが、これも脱化石燃料社会に向けての一歩だと考えています。

 太陽光発電と薪ストーブ、これでかなりの部分でエネルギーの自給自足に近づけました。あとは、水道をなんとかすれば、というところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

太陽光発電パネル

Dsc_0018 Dsc_0002 Dsc_0003  年末にでっかい買い物を二つもしてしまいました!! どちらも地球温暖化防止のためです。

 その一つがこれ、ソーラーパネルです。お金がいくらかかったか、補助も助成もモニターも何もありませんので、一般の相場通りです。30年で元が取れると言いますが、投資という点ではこんなに効率悪いものはありません(ドイツなどでは、投資としても非常に有益となるような制度を作ったので、太陽光発電を取り入れる市民や企業が急増しており、今やその発電量は日本を上回ってしまいました)。

 それでも今回、導入を決意したのは、少しでも化石燃料の使用を減らし、地球温暖化防止とピークオイル対策に繋げていくためです。自分ひとりがやったところで、と考える前に、自分が前例となることで、周りの人々が地球温暖化防止に向けた行動を起こしてくれることを期待しています。

 そしてそれとともに、本当に石油が手に入らなくなる時代に生きてゆくためのライフスタイルを実践してゆきたいと考えています。

 本当は、日本の政治家がピークオイル対策と地球温暖化防止対策に本気で取り組んでくれれば、もっと多くの市民がもっと手軽に、新エネルギーを導入してゆくことができるのですが...。

 この国の地球温暖化対策がほとんど進まない最大の原因は、間違いなく無能な政治家です。恐れず、みんなで声を上げていきませんか?

あ、また言っちゃった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

100万人のキャンドルナイトin月形2007冬至-3

Dsc_0070 Dsc_0081 Dsc_0077
 この時期北海道では、午後4時にもなれば、もう外は暗い。日本で一番高緯度でかつ東に位置する北海道だから、本州とはまるで違う。寒い、雪が多い、というだけでなく、一日が極端に短い。その代わり、夏は一日が極端に長いのであるが、この季節によってまるで違う1日の長さもまた、自然の中で生きる生物としての人間、というものを再認識させてくれる。

 ということで、本来のキャンドルナイトの時間は、午後8時~10時となっているのだが、今回は2時間も早めて、午後6時~8時とした。

 会場のキャンドルに一つ一つ明かりが点され、それとともに、電灯を少しずつ消してゆく。キャンドルの明かりだけになったころ、会場のざわめきを静めるようにフルートの演奏が始まった。

 素晴らしいフルート演奏で幕を開けたキャンドルナイト。僕らのキャンドルナイトは、音楽を見て楽しむだけのものではない。自ら参加して、考えて、そして何かに気づく。そんな時間を作りたくて、でもあくせくした日常から離れるために、ゆっくりとした時間の中で、いろいろなイベントを用意して、しだいに溶け込んでゆく。

 みんなでゲームをして、自己紹介をして、時間を止めて考えて、そして透き通るユーフォニウムの響き。あっという間の2時間だった。

 僕が感じたこと。それは、今生きていることへの感謝の気持ち。参加してくれた人たち、手伝ってくれた人たちへの感謝の気持ち。今日巡り合えた偶然への感謝の気持ち。地球のこと、未来の子供たちのことを考える時間を与えてくれたことへの感謝の気持ち。こうして生きて、環境のため、未来の子供たちのために活動できることへの感謝の気持ち。明日もあさっても、食べ物にも困らず、暖を取るためのエネルギーにも住宅にも困らず暮らしてゆけることへの感謝の気持ち。歩くための足と、見るための目と、食べるための口と、考える頭と、そして、慈しむための心を持って生きていられることへの感謝の気持ち。

 立ち止まって考える時間というのは、本当にいいものです。必死に学ぶ時間や必死に練習する時間よりも、一番成長する時間なんじゃないかって思います。

 もうすぐ年が明けますね。来年は今年よりも良い年になるように、みんなで頑張りましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

100万人のキャンドルナイトin月形2007冬至-2

Dsc_0025 Dsc_0032 Dsc_0029 Dsc_0035 Dsc_0057  今日は、蜜蝋キャンドル作りの様子を...。

 蜜蝋って、みなさん、ご存知ですよね? 簡単に言うと、ミツバチの巣です。それを溶かして、固めたものを養蜂家の方から入手できます。

 ブロック状の蜜蝋をノミとハンマーで砕いて小さな破片にし、それを空き缶の中に入れて、湯煎して溶かします。

 そこに、適当な長さに切ったロウソクの芯を、漬けてロウを付着させ、引き出して固めて、をひたすらに繰り返し、蜜蝋キャンドルを成長させてゆきます。

 という簡単な流れなのですが、人それぞれ、いろいろな形の蜜蝋キャンドルが出来上がってゆきました。個性が出ますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月23日 (日)

100万人のキャンドルナイトin月形2007冬至

071207_21320001 Dsc_0048 Dsc_0052 Dsc_0061  昨日、夏至に続いて、月形で2回目のキャンドルナイトやりました。

 午前中はいつものように降り続く雪、日本海側独特の天候ではありますが、冬の北海道日本海側で晴天を期待するのが間違いといえば間違いなのですが....。ところが、午後になって、午前中の雪空が嘘のように晴れ渡り、素晴らしいイベント日和の一日になりました。

 今回のキャンドルナイトは第一部、第二部の二部構成で、夜の第二部がキャンドルナイト、昼間の第一部は蜜蝋キャンドルとスノーランタン作りを楽しもうというイベントになっています。

 あ、最初の写真は蜜蝋で作ったキャンドルです。

 写真が3枚しか入らないので、今回はスノーランタン作りの様子を。

 バケツに一升瓶を入れて、その周りに雪を詰め込んでいきます。後で崩れないようにぎゅうぎゅう詰めに。

 一升瓶を抜き取ったら、プッチンプリンの要領で雪の上にひっくり返します。そしたら、真ん中に空洞のある円筒型の雪の固まりが出来上がります。

 真ん中の穴の中にロウソクを入れ、点火したら、スノーランタンの出来上がりです。

 このようにして、準備は着々と進んでいきました。

 第一話、おしまい。明日は蜜蝋キャンドル作りの巻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

地球を愛する会@月形の広報誌第12号

12__1 12__2  みなさん、こんにちは!! 地球を愛する会@月形の広報誌第12号が発行されました!!

 地球を愛する会が立ち上がって、この12月でようやく一年になります。地球温暖化を防止するために、一人でも多くの方に地球温暖化関連の情報を伝えたいと考え、さまざまな形で活動してまいりました。活動を続ける中で多くの方々の賛同も得られ、現在まで続けてこられたことに、心より感謝しております。

 現在、地球が温暖化しているという事実は、多くの国民が知るところとなりましたが、しかし、まだまだそれぞれ自身の問題とは考えられず、日本国内での温暖化対策は決して十分と言える状況ではありません。

 しかし、地球温暖化はもはや待ったなしの状況で、一刻も早い対応が迫られている中、来年は当北海道においてG8サミットが開催され、人類の未来を左右するともいえる重大な案件が話し合われることになっています。

 地球を愛する会@月形は、地球温暖化という差し迫った事実に対し、決して悲観的にならず、今後もこの活動を通して一人でも多くの方に地球温暖化に関する情報を伝えていくと同時に、来年度は、遠い将来も見据えて、持続可能な社会作り、持続可能なまちづくり、持続可能な農業、などなども考えてゆければと思っています。

 ところで、おもしろい、というかすごいムービーあります。

www.team-6.jp/cc-sim/

 国立環境研究所が地球シミュレーターを使って製作した、地球温暖化予測に関する最新ムービーです。ムービーを全部みて、アンケートに答えたら、ダウンロードできます。僕はさっそくダウンロードしました。今後、講演会とかで使ってゆこうと思っています。

 みなさんもぜひどうぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

100万人のキャンドルナイトin月形2007冬至

20071  月形町はすっかり雪景色、長い冬の始まりです。そんな中、いよいよキャンドルナイトの季節になりました。

 地球を愛する会では、夏至に引き続き、冬至にもキャンドルナイトをできることになりました。夏至のキャンドルナイトでは、「花の里」月形らしいキャンドルナイトということで、フラワーアレンジのデモンストレーションをしてもらったのですが、いかんせん冬には花はありません。

 20072

 そこで今回は、本来のキャンドルナイトの趣旨に戻って、少しの音楽と、人と人のつながりと、そして普段とは違う時間の中で、忘れてしまっていたことを思い出す、そんな「気づき」の時間をつくることができればと考えています。

 みなさん、ぜひ遊びにいらしてくださいね!! 

 って言っても、遠くの人は来れないと思いますが...。

 追って、ブログを書いていきますので、ブログでお楽しみくださいね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »