« 太陽光発電パネル | トップページ | 激動の2008年 »

2007年12月30日 (日)

薪ストーブ

Dsc_0014 Dsc_0002 Dsc_0007  昨日の日記で、大きな買い物を二つしたと書きましたが、二つ目がこれです!! 薪ストーブ!!

 もちろん、地球温暖化防止が第一の目的です。薪を燃やしてもCO2は発生しますが、ささやかながら原野を所有していますので、自分の山を管理しながら薪を取り続けることができれば、と考えています。

 私の住む北海道の農村地域では、今でも多くの方が薪ストーブを使っておられるのですが、10年前に入植した私は、灯油ストーブを使っていました。

 しかし昨今、ピークオイル問題が間近に迫り、石油の価格は上昇する一方。そんな中、自然エネルギーの有効利用を考えた結果、我が家に最もふさわしいのは薪ストーブであるとの結論に至りました。

 また薪ストーブを導入するにあたって、エネルギーをほんの少しもムダにしたくなかったので、現状で最高のパフォーマンスを発揮すると思われる、バーモントキャスティング社のアンコールエヴァーバーンという機種にいたしました。

 初期投資は予想以上にかかってしまいましたが、これも脱化石燃料社会に向けての一歩だと考えています。

 太陽光発電と薪ストーブ、これでかなりの部分でエネルギーの自給自足に近づけました。あとは、水道をなんとかすれば、というところです。

|

« 太陽光発電パネル | トップページ | 激動の2008年 »

コメント

太陽光発電、政府の政策の10年位いやもっと先をいってますね。がんばってください。車もハイブリットですか?排気量のでかい車は、基本的には無駄の塊だと思っています。なるべく使わないようにといっても限界があります。そうなるとやはり燃費が気になり、最低でもこれからの世の中20キロ位は走って貰わないと。もちろんアクセルワークの燃費走行も必要ですね。

投稿: 一般消費者代表 | 2007年12月31日 (月) 07時31分

 一般消費者代表さん、コメントありがとうございます!!

>車もハイブリットですか?

 車はまだ普通の車です。次は車ですね。ただ、今のハイブリッド車にはまだちょっと疑問があるのと、公共交通機関がほとんどない田舎に住んでいるので、どのような形にするのがよいのか、決めかねています。

 一番いいのは、車のいらない生活だとは思っています。

投稿: 青い芥子 | 2007年12月31日 (月) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162477/17524221

この記事へのトラックバック一覧です: 薪ストーブ:

« 太陽光発電パネル | トップページ | 激動の2008年 »