« 年初の挨拶(長げえよ....) | トップページ | 講演会「地球温暖化と北海道農業のゆくえ」 »

2009年1月11日 (日)

スカビの新品種紹介

Photo Photo_2 Photo_3

 ずっと、ほったらかしにしていました。申し訳ありません。ブログで紹介していなかった、スカビの新品種を一挙に3つまとめてご紹介いたします。

 名前は、それぞれ、「まりも」、「ラベンダー」、そして「銀河」です。

 「まりも」ちゃんは、2009年度の新品種、本邦初公開です。

 「ラベンダー」は、2008年度すでに販売しておりましたが、ブログで紹介するのを忘れていたようですので、初めてご紹介させていただきます!!

 そして「銀河」は、昨年度「アンダルシア」という名前で販売していた品種から、特にコントラストが鮮やかな花を選抜いたしました!!

 よろしくお願いしまーす!! で、これに合わせて、約1年ぶりに、ホームページの方も更新いたしましたので、あわせてごらんください!!

http://homepage2.nifty.com/AoiKeSi/

 スカビ新品種の情報は、特集・スカビオサのページにまとめて掲載してますので、よろしくお願いいたします!!

|

« 年初の挨拶(長げえよ....) | トップページ | 講演会「地球温暖化と北海道農業のゆくえ」 »

コメント

こんにちは
今日あなたの庭に出会いました。新種の花色がたくさんあるのですね。ヒマラヤの青い芥子、我が家のガーデンに、咲かせたいとずーと思っていました。!!!!
そして、月形が、はなの生産の農家さんがたくさんあることも知りませんでした。私の町は、酪農家のまちです。 そして組合も新しい感覚を取り入れていることに驚きです。組合員同士のブログもその一つです。私は農家じゃないですが!
このページをお気に入りに入れます。株分けとか、カルスとか勉強になります。

投稿: ジギタリス | 2009年2月25日 (水) 11時51分

うちで飼っている一歳のオス猫は「まりもちゃん」という名前です!この花すごくかわいい!
札幌ですで、近いうちにぜひぜひ月形に行きたいとおもっています。
ところで、「まりもちゃん」や「ヒマラヤの青い芥子」の苗や種は入手可能でしょうか?
特に、青い芥子は植物にして、霊的にも高い意思を植物自らが持っているようにも感じられます。
青い地球にふさわしく、地上をこの美しい花であふれる天国にしたいです!

投稿: 花参道 | 2009年6月10日 (水) 19時46分

 花参道さん、こんにちは!!

 ヒマラヤの青い芥子は、時期になると園芸店に苗が並びますし、種も海外の種苗会社からなら手に入りますよ!! 僕が利用しているのは、https://www.jelitto.com/haupt.html

 ヒマラヤの青い芥子は、学名「MECONOPSIS betonicifolia [China Blue]」で登録されています。
 
 まりもちゃんは、今はまだ増殖中なので、苗をお分けすることはできません。ごめんなさい。confident

投稿: 青い芥子 | 2009年6月10日 (水) 21時36分

ご親切に貴重な情報ありがとうございます。
まりもちゃん、沢山増えるといいですね!楽しみにしています。
余談ですが、うちの猫「まりも」も、来たときは子猫で750gだったのが、一年で5キロになってしまいました。自然は複利で増えるものなのですね。花も猫も同じですね。
ところで、札幌と近郊のあちこちの園芸店に行ってますが、青い芥子の苗は今だ見たことがありません。すぐ売れちゃうのでしょうか?または札幌ではなくて、月形に行けば今時期置いてる園芸店等ありますか?

投稿: 花参道 | 2009年6月10日 (水) 22時02分

>自然は複利で増える

 うーん、まさに真理ですね。奥が深い。

 青い芥子ですが、販売時期が限られているかもしれません。今はもう咲いている時期ですから、出回るとしたら4月~5月かも。

投稿: 青い芥子 | 2009年6月10日 (水) 22時14分

植物の出逢いも入手も“縁”なのですね。きっと、ふさわしい時に手元にやってくるのでしょう。今後、青いケシも沢山出回って、北海道でも、ラベンダーのように、あちらこちらで増殖したらいいな。
ちなみに、わたしが今読んではまっている本は、「ヒマラヤ聖者の生活探求」というシリーズ本で、青いケシの故郷の様子をドキュメンタリーしたトンデモ本です。魂レベルで高い霊性をもった人でないと意味不明ですが、この本にでてくる環境を考えると、青いケシは普通の植物の扱いを超えていると感じます。
この本も青いケシと同じく入手が難しい本ですが、精神世界ジャンルの本のなかでは最高峰です。やはり、ヒマラヤに関しては、植物の栽培にしろ、精神にしろ、シンクロ的に最高の扱いが人にも求められるようです。
来年は、4月5月、園芸店で目を皿のようにして探してみます。
いろいろと貴重な情報を教えてくださり、ありがとうございました。

投稿: 花参道 | 2009年6月11日 (木) 15時34分

 なんか、おもしろそうですね。賞賛しながらも、トンデモ本と言っているところが、また興味深い。

 実は私も、精神世界には大いに興味はあります。今からネットで探してみますね。

投稿: 青い芥子 | 2009年6月11日 (木) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162477/43707220

この記事へのトラックバック一覧です: スカビの新品種紹介:

« 年初の挨拶(長げえよ....) | トップページ | 講演会「地球温暖化と北海道農業のゆくえ」 »